2016年07月08日

大量にのみつづけてもいい水

大量に飲み続けてもいい水とはどれくらいの条件(満たすことができないと望みや要望が叶えられない可能性が高いです)の水になるはずです。水ダイエットにおける水の重要性はいうまでもないため、可能な限り条件(あまりいい意味で使われることがないんではないでしょうか)に合致したものにしたいものです。

たくさん飲むことになりますので、塩素を多く含んでいる水道の水は体にいいとは到底いえず、水ダイエットには向きません。水ダイエットのはずの水でカロリーを得てしまってはダイエットになりませんので、甘い飲み物もアウトです。ダイエット中に飲むものは水かお茶にすべきです。ミネラルウォーターを購入するという方法は、金銭的な負担がかかります。一口にミネラルウォーター(最近では、家庭用のウォーターサーバーなども人気です)といっても、軟水(日本の水道水はほとんどが軟水だといわれています)と硬水があるのでしょうか。

硬水とは、1000ccの水の中に120g以上のミネラルイオンが含まれている水のことを指しています。それよりミネラルイオンが少ない水を軟水(まろやかで飲みやすいのが特徴です。石けんの泡立ちもよくなりますね)と呼び、水分中のミネラル(五大栄養素の一つとされていて、年齢や性別によっても必要な量が違ってきます)の量で区別しているのです。ダイエットのために食事を少なくしている人や、運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)を増やし汗をたくさんかいている人はなんらかの形でミネラルを取り入れる必要がある為、硬水を利用してミネラル成分の補充するといいのかもしれません。

硬水の利点は、軟水(軟水器を使うとより高度の低い軟水を作ることができます)よりもダイエット中の空腹感を感じずに飲むことができるという点でしょう。浄水器をつけた水道水(日本では公共事業ですが、フランスやイギリスでは民間企業が行っています)を使うと言う方法もあります。長期的な視点でみれば、毎回ミネラルウォーターを購入するよりも安上がりです。ただし、浄水器は機種によっては性能も様々で価格も千差万別なので、いっぱい飲むことを前提にしっかりとした事前リサーチが必要なのです。


underwear0012 at 11:46|Permalinkウォーターサーバー 

2015年07月19日

軟水、硬水ってどういう意味

ミネラルウォーターや水道水などでよく言われる「軟水(日本の水道水はほとんどが軟水だといわれています)」「硬水」とは、どういう意味でしょう?

それは、水に含まれるミネラル成分の多さ(硬度)を表した言葉です。水に含まれるミネラル(食べ物や飲み物から摂取するのが理想ですが、不足するようならサプリメントを利用すると手軽です)成分の多いものを「硬水」といい、少ないものを「軟水」と言っています。

ミネラル成分の含有量とは、主にカルシウム(毎日コツコツと適正な量を摂る必要があります。サプリメントなどで過?に摂取すると、泌尿器系結石などの恐れがあるでしょう)とマグネシウム(未精製の穀物、例えね、玄米などに多く含まれています)の含有量を示しているんですね。

ちなみに、日本の水は軟水と言われていますが、関東の一部や沖縄などでは硬水が出ているところもあります。

ミネラル成分が多いほど癖が強い水となり、飲み辛い(まずい)と感じる人が多いでしょう。また、硬水は下痢を起こしやすいとも言われています。海外の水道水を飲むと下痢を起こすと言われていますが、これは衛生面だけでなく、水の硬度も関係しているのです。

そうはいっても硬水は良くないというわけではなく、ミネラルの補給や便秘(排便時に時間が掛かったり、痛みを伴ったりします)の解消に利用されることもあります。それに、肉料理にも硬水が適してしまっていると考えられています。むしろ和食を作る際には、軟水の方が適しているでしょう。


underwear0012 at 14:27|Permalinkウォーターサーバー 

2013年05月11日

ウォーターサーバーの電気代

近年人気の高い水のサーバーなのですが、経済的というか家庭的な視点で考えてみます。一般的なウォーターサーバーにかかる一箇月の電気代は1000円前後と言われます。高いのか安いのか?

例えば、電気ポットを24時間つけたままにしておく場合にも、1ヶ月の電気代は大体1000円前後だそうです。それに、冷蔵庫(白物家電の一つで、現代人の生活にはなくてはならない家電でしょう)でミネラルウォーター(昔では考えられませんでしたが、お金を出して水を買う人が少なくありません)を冷やさなくていいですから、その分のスペースが空きます。また、冷蔵庫(白物家電の一つで、現代人の生活にはなくてはならない家電でしょう)を開ける回数を減らすことも可能です。

さらに、「省エネサーバー」とネーミングされているような機種がいくつかのブランドで提案されていて、コレであれば、年間で最大7000円も電気代を節約することができるようです。とはいえ、ウォーターサーバーに掛かる費用は電気代だけではないのです。サーバーレンタル料金やボトル代もかかるので、全てを踏まえた上でウォーターサーバーの利用を考慮されるといいでしょう。アクアクララのがデザインも良くて人気みたいですが。。

underwear0012 at 10:36|Permalinkウォーターサーバー